読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロベーランドウォーズ

アーケードゲーム ワンダーランドウォーズについて不定期かつ適当に

ありの~ままの~♪

 

どうも、おはこんばんわ。くろべーです。

 

遂に来ました、花粉症。

 

目は痒いは鼻水出るわ、くしゃみは止まらんでもうやりたい放題。モウワシトマラナイ!

今まで花粉症の人たちを小馬鹿にしてましたが、その報いが来たようで辛み。

 

はい、それではいってみましょう 

 

*事前に断っておきますが、下記記述(運営~みたいの)は自分が勝手に解釈して書いているものなので、決して鵜呑みにしないでください。

WLW ver.2.02緊急アップデート~

f:id:fascination125:20170305003334p:plain

 

ここまでキンキンにアップデートしたのは、リンちゃん以来?

恐らく、開発が想定した以上に深雪乃勝率がやばかったのでしょう。(全体勝率65%以上とか?)

遅かれ早かれ深雪乃の修正は来るものと思ってましたが、温羅と大聖にも修正入るとは思いませんでしたね。こちらは次バーうp時にでも下げる予定のものを、深雪乃だけ下げるのもアレなので今回下げたんじゃないかと。

 

マッチング調整

f:id:fascination125:20170305004458p:plain

高CR下位戦で一つのキャストに絞って無双してきた人を見かねた運営が、CR20以上は問答無用でフリマ入りという対策をしてきました。

 

これがまぁ、セガさんホンマやってくれましたな、と。

 

この日以来、分かりやすく言うとver1~時の1678 vs 2345みたいなマッチングがまぁ起こる起こる。明らか無理ゲー試合増えましたし、対面強いの来るわで毎試合精神が磨り減っております。

ただそんな中EXに上げたりする人、EX5になったりする人も居て、甘えてらんないなと思う訳ですが、辛いものは辛い。

毎試合毎試合、圧勝すること無く僅差で勝ったり負けたりするんは、ガチでやる大会位で良くて、全国対戦位はもうちょっと楽に勝ちたい訳ですよぼかぁ。

 

今のマッチング環境で勝っていくには

そこで、こんな環境下でもEXに成れてる人、増やせてる人のプレイや方法を見聞し、やると効果的であろうことを箇条書きしてみますた

 

  • 対面ランカーを引いたら徹底的にずらす
  • 明らかゲームを分かってない人が居ても、徹底的にずらす
  • 負けたら基本小休憩(クールダウン)

当たり前のことのようだけど、案外やってない人も多いと思う

自分なんかはしょっちゅう顔真っ赤連コ連戦していて、雑な動きになっているのを気づかなく結果連敗ってことが多いので特に効果的でした。

 

ずらすのも意味があって、今のマッチングの仕様上、連戦すると同じ敵・味方が2、3連と当たり前のように出てきます。また面白いことに、似たような試合展開になって負けるようマッチングしてんじゃないのか?と疑う位負けれるんで、強い敵・理解していない味方が来た時は徹底的にずらしましょう。

 

後は、負けたら小休憩を必ず取る。自分でも気づかないくらい温まってる時は動きが短調になります(自分で動画で見比べると分かりやすくてオヌヌメ)。スマホをいじるなり、ジュース飲むなりして次の試合に臨むといいかと。

 

とりま今回はこんな感じでどうでしょうか。

ってことで、下記宣伝。

f:id:fascination125:20170305015037p:plain

 

池袋西口タイトーステーション6Fにある『STORIA』という飲食店にて、3時間程ですが飲食を楽しみつつ、ゲームを見たりなんだりするちょっとしたイベントにゲストとして参加します。内容的には、以前ブンブンさんと自分がニコ生したものをオフ会にしてみました、的なイメージをして頂ければ分かるかなと思います。

storia-cafe.com

興味が湧いた方は、ちょろっと見に来て頂けるだけでも有難いので宜しくお願いしますm(_ _)m

 

深雪乃のあれこれ

Ver2.02A稼働

はい、来ました新Ver、新キャスト。

 

待望の近日公開マンかと思いきや、JAEPOでのグッズでシークレット扱いになっていた深雪乃が登場という。残念な様な嬉しいような具合。

とある筋によると、意図的に深雪乃は登場させたとかなんとか。(季節にあったキャストだし的な)

ジーンが出ないのは別段、何らかの調整が上手くいってないのでは?云々って話ではないそうです。

 

f:id:fascination125:20170216052524j:plain

シコい

 

新キャスト深雪乃のあれこれ

とりま、昨日ですがCR20行ったんで基本性能や、スキル・ビルド等そこそこのボリュームで紹介出来ればかと

 

SS

f:id:fascination125:20170216055018p:plain

近距離キャストと言いつつ結構長い、アシェのSSを気持ち短くしたくらいの感覚。

発生良し回転率良し弾速良しと三拍子。なぎ払い判定等が一切ないと思われるので、密接しての兵処理は他キャストに劣る。ラグ撃ちが出来るには出来るが、かなり難しい。

当たり判定としては、氷柱見たいののそのまんま見た目通りの判定。

 

DS

f:id:fascination125:20170216060109p:plain

描ける線の長さはアシェ位だが、減衰率、速度、当たり判定等コレほんとアタッカーのドロー?ってくらい優秀。端対面Fと低レベル時でまともにやりあえる性能、と言えばどれほど優秀か分かると思う。もしかしたら、抜刀のことを考慮して意図的にDSを強くしてるのかもしれない。

 

足回り

ミクサよりちょっと速い位。速いとも思わないし、遅いとも思わない普通の足回り。

敵対面に深雪乃がいる場合は、吐息を避けるためにもSPは少しでも盛りたいところ。

 

スキル

Lv2強化スキル「氷刃抜刀」

代表スキルだけあって、最大強化時やその手前時の威力・射程は中々に胡散臭い強さを誇るスキル。自身が中央に行く際は是非とも積んでおきたい。端での持ち込みも強いが、使い方はひと工夫必要。

Lv2即発動が理想だが、スキルの特性上、兵処理にSSを撃つには勿体無いため、自身の立ち位置、兵士差がどれだけあるかを理解した上で使いどころを見極めたい。

スキル使用時は自軍兵士後ろで戦うというよりも、横・あるいは裏を取って、敵軍兵士をDSで止めておき、SSの射線確保をしていきたい。

自身の使用感的には、2、3発を湯気手前で使い、後は最大射程・威力時に使う形が腐ることないのでオヌヌメ

後述のスキル「白魔の吐息」解禁後は、あまり使う機会が無くなるが、WS使用時に上記スキルが付随していると非常に心強いので、MPが余った際には是非とも使用しておきたいところ。

 

Lv2妨害スキル「飛雪払い」

現状、深雪乃使いが100人居たら2、3人くらいしか使ってないスキル。と言うのも、MP25払って敵キャスト小ダメージよろけ+凍気の刻印1回という微妙な効果のため、これを積む位ならとスキル候補から除外されるためである。

また、吐息が横に対して弱いのでそこを補えるスキルではあるが、「氷刃抜刀」「別れの涅槃雪」「白魔の吐息」「六華一刀両断」の内、じゃぁ何を抜く?っていう話になってしまう。

もし仮に、飛雪払いを組むのであれば「飛雪払い」「別れの涅槃雪」「両断or抜刀」と言った具合になるだろうか。使い方としては、攻めで使うというより飽くまで自衛や最後のひと押し時。涅槃雪メインで刻印を刻んでいき、飛雪払いはそれの補助として使うのが好ましいと思われる。

 

Lv3妨害スキル「別れの涅槃雪」

端戦でのメインスキル。基本的には、敵キャストの硬直に合わせて撃つスキルになる。

他の使い方としては、森の出入り口を封じたり相手の動きを制限させたりと、使い方は多岐にわたる。こちらのスキルは敵兵士に継続してダメージを与えることが出来、これが案外馬鹿に出来ないほどにレーン戦に影響が出るので、出来れば敵兵士に効果的にダメージが入るよう設置しておきたい。

 

LV4強化スキル「白魔の吐息」

f:id:fascination125:20170216080240j:plain

 

Lv4攻撃スキル「六華一刀両断」

敵キャスト凍結時〆スキル。場面場面によるが相手を凍結させた時に、敵兵士が邪魔で抜刀が通らないシーンが多いため、敵凍結時に差し込むスキルは8割方はこれになる。

MP35と中々に使うため、糸車やロードピスなどのMP割引アシスト・ソウル推奨。深雪乃は巨人処理が苦手なため、こちらのスキルはほぼ必須か?敵兵士が自軍拠点突入前に兵士を処れるのも強み。

両断特有の突進時硬質化ではあるが、発動前はある程度見てからでも止めれるので、味方が凍結時の際は敵深雪乃を止める様努めよう。逆に、敵凍結時は味方深雪乃の邪魔をしないように。

 

今のビルド解説とか

 

f:id:fascination125:20170216083958p:plain

赤兎馬

 →開幕のDS2~3回程で効果が発動し、低レベル時のSSの刺し込みをしやすくするため。また、隙あらば、裏に回れるように。別れの涅槃雪でHIT数稼げるので相性◎。時限式とは言え、効果発動時SP6メモリは何のキャストにも合うしやはり強い。

 

・庭園の指輪

 →対ミラー用及び、対アシェのSS差し合いで勝つため用。射程は正義。扇はLv4以降吐息→両断がメインになるので不採用。SS盛り盛りビルドにする必要もないかと。

 

・糸車

 →涅槃雪、吐息と敵キャストに当てやすくHIT数を稼ぎやすいスキルが多く、恩恵を受けやすい。Lv4以降は保持しておきたいスキルが多い中、両断(MP35)を捻出するのは中々大変なので、少ないMP時でも凍結→両断を繋げれるような場面を増やすため。

 

・神酒

 →兵処理時、吐息使用時と結構、足を止めがちであるので停止系回復ソウルを選択。巨人のことも考えると神酒ちゃんイズベスト。阿曽媛やカーレンとかでも良いかも。

 

以上!

 

尾張国

 

CR20到達まで~その2

ういっす。くろべーです。映画の虐殺器官見たら寝れなくなったんで、暇つぶしがてら続きを書いて行こうかと思いま(`・ω・´)

 

ってか、三日坊主のこの自分がこれだけ期間空けずに更新するのは、虐殺器官のおかげっすね^^器官だけにwww

 

f:id:fascination125:20170205042543j:plain

約2時間程とボリュームあって満足。ジャンルはSF。

メインキャストに中村悠一(美猴)櫻井孝宏(ロビン)。

 

CR20到達までのキャスト評価(ファイター編 part2)

 

f:id:fascination125:20170205044151p:plain Bくらい

総評:タイマンかつ縦で戦わしたらコイツに勝てるの?筆頭。登場時のあまりの弱さとその見た目から、使用率が他キャストに比べ芳しくなく、開発側もアゲアゲ調整+放置せざるを得ない形に。

一転して、端同士のタイマンには強いが、試合トータルで見ると勝てないキャストとなる。シュネとは逆パターン。理由としては様々にあるが、ドロー硬直やSS等優秀ではあるが、全体キルダメ上昇WSの無い体力が少ないフック、というと分かりやすいかもしれない。

自身が高い番号出撃時に試合に勝てない反面、メロウが真価を発揮するのは低番(3、4番)時での出撃時。大方のF乗りは対面メロウと分かるだけで嫌な顔をし、中には対策が甘い方も多くいるので、優秀なドローとSSを駆使し、対面1、2番Fの出鼻を挫こう。

 

f:id:fascination125:20170205052607p:plain B+~B-

総評:ベッドウーマン。本当は起きているらしい。

最盛期はかーなり理不尽な性能を誇っていたが、今はDS、WSと色々と弄られた結果、かなりマイルドになったかと思う。

基本的にこのキャストは、フックやメロウ等と言った、「相手を寄せ付けない」レーン戦をしていくキャストとは異なり、射程はそこまでだが、描ける線が長いDS範囲内に常に収め、相手の硬直や隙を突いていく「インファイト」ファイターとなる。

なので、俺はこの太くて長いのをブチこみたいっていう攻めっけのある方向きであるし、読み合いが何よりも好きで得意な方向き。

ドルミールの強さと言えば、愛知県某生のドルミール使いを見て頂ければ早いが、使う人が使うと「まぁ強い」。また、新スキル「針の筵」や「茨の回廊」等で拠点防衛や、最後の城防衛等に一役買っているのも評価◎。

とは言え、特徴的なDSを生かした立ち回りが出来ないと、他のどんなキャストよりも劣ってしまう点に注意。

 

f:id:fascination125:20170205063006p:plain C+ 低CR帯ならBか?

総評:なんというか非常に扱いが難しいキャスト。開幕からボクシングが始まったり、対面によってレーン戦難易度が大きく変わるわ、近接キャストに張り付かれると、システムの変更上大体何も出来ずにお陀仏と、色々と言ったらキリがない件。

(このキャストの扱いにくさは、キャスト別スコアランクを見て頂ければ分かる通りである)

幸い巨人に対しては、森からのWSで安全に処理出来たりと強みはしっかりとある。

まぁ、1番でガッツリ安定して活躍出来るキャストじゃぁないよなぁ、ってのが率直な感想。

というか、こいつの今の強みは羽衣を上手く使えるかどうかに集約してる気が…。

 ATなんちゃらとか、なんとか袋のファイター間評価が気になるところ。

強いとは言わない気がするけど。

 

f:id:fascination125:20170205071342p:plain A-

総評:EX一番乗り出来るキャストが弱い訳がないんだよなぁ。

プレイヤー性能でごまかしてる点もあるかもしれないが、対巨人良し、足回り良し、迎撃性能良しと、現環境にかなりマッチしてるシャリ猫。

シャリスの基本戦法としては、DSで相手を動かし、SSでダウンを取るという、他キャストとはまた違った攻め方になる。勿論、DSのラッキーヒットのダメージ蓄積をさせることも、相手を撤退させるのに重要になる。

スキル構成は、現状スナッチ抜きのが良いかもしれない。おにこちはラスト城凸、防衛とあらゆる場面で使えるシーンが出てくるため、勝ち試合を零したくない方は必須か。

ちなシャドウ・アリスの参考にすべきプレイ実況は、た◎う生。

f:id:fascination125:20170205072327p:plain 

シャリス使う上での大事なコト詰まっとるよ

 

 

f:id:fascination125:20170205075404p:plain ?

総評:

f:id:fascination125:20170205064942j:plain

 

 

オワ

 

^^;

 

CR20到達までのキャスト評価その1

 

 

どうもお久しぶりです、毎度毎度書くとか言って書いてないくろべーです。おはこんばんわ。さーずがに2ヶ月空けるのはアレなので、ちょっと頑張ってみましたw

~Ver2.0稼働~

いやー、ver2.0になっちゃいましたねー。全国大会終わって、新verになったらそんなやりこまないだろうなとか思ってましたが、気づいたらめっちゃやりこんでました(´・ω・`)

なんだかんだ環境がーとか、味方がーとか言いつつも、いざワンダーやるとおもろいっすもんね、しょうがない。

~CR20到達までのキャスト評価~(ファイター編 part1)

という訳で、早速本題の件。

なんでこんなこと書こうかと思ったかは、旧verでの、その時々に強いキャストや自分のお気に入りのキャスト等を使って、ひとつのキャストに絞り込んでプレイするWLWっていうのは、MOBAっていうジャンルのゲームの楽しみを半減させているんじゃないか?と思ったからですね。

それでまぁせっかく他のキャストを使い込むなら、ある程度は満足出来るランクまでは上げたいじゃないですか? じゃぁ、どんなキャスト使うのがオヌヌメよ?

ってのを今回まとめたかった感じっすね(笑)

(とは言ってもこれがまぁ、ver2.0までにどのキャストをメインとして使ってきたかで大分違うのですが、そこら辺は置いときますね)

 

ではではA+からC-の9段階評価と総評をば

 

f:id:fascination125:20170131052139p:plain A

総評:現ver最強Fとまでは言えないが、流石ver2.0で主人公格を示してると言える位バランス良く強い。SS・DS・SP、セブンスピリッツによる巨人処理速いと、これと言った欠点無し。強いて言うならば、初期値DS威力がサンド、吉備津等に比べ低いことからLv3からの兵士一確ビルドに対し、兵士処理が遅れてしまいがちだが、フェニックスウィングや優秀なSSを駆使することで案外対処出来てしまう。

遠距離DS持ちとして苦手なフック・メロウ等に低Lv帯時に手前レーンを取られたとしても、ゲージMAXスピリッツテリトリーによる全体補助、強引に押し込めるピュアホワイトスピア、セブンスピリッツによる攻めによって、勝負には負けても試合には勝ってる、そんなキャスト。

 

f:id:fascination125:20170131052047p:plain B

総評:旧verであるならば、迷わずファイター初心者はコレ乗ってけ候補

新verからは待望の新スキルもこれと言った強さも見せず、器用貧乏になりつつあるキャスト。WSによる全体回復も、度重なる下方により微々たる回復になりつつあり、サンドリヨンが試合トータルで見て勝とうとするには、やはりシュネー等盤面に影響させる他キャストに劣ってしまう。

ただ、アッシュヒールによる継戦能力・瀕死時からWSを使って無理やり拠点を取るという動きは、他キャストに出来ない強みではある。また、このキャストを使用するに当たっては専用アシスト「輝く太陽と月の双剣」を使いこなせるかどうかで、各レーン戦の難易度が変わってくる。

 

f:id:fascination125:20170131054628p:plain B+~B-

総評:言わずもがなのSS、優秀なステップを駆使して、ドンドン行く侍。

相手がどんなに強かろうと、裏を取ってしまえば1:1交換出来ちゃいますという、レーン戦してるようでしてないキャスト。その分、正々堂々と普通にレーン戦するには発生がそこまでのDSによる読み当てスキルがいる。

現verでは、キルデスゲージ差程で勝ったり負けたりとするケースが多い。

このキャストの持ち味を最大限活かそうとするならば、いかにしてフリー時に拠点及び城を殴りに行けるかを、その都度その都度考えた方が良いと思われる。

※評価に幅があるのは、マッチ時の対戦相手によって裏取り・城凸を咎められる度合いが試合毎に異なるため

 

f:id:fascination125:20170131065528p:plain B+(CR15未満)~C+(CR15以上)

総評:CR前半、ドローめっちゃ当たるぅ!フックTUEEE m9(^Д^)

           CR後半、ドロー当たんねぇ(´д⊂) 横槍無理…orz 脚おせぇ…

 

と、こんな感じで。乙。

 

あ、、、コイツの大事なことだけを3点

SS・獲物・WS 

とだけ

 

f:id:fascination125:20170131071700p:plain B+

 総評:下方されるまでは誰がどう使おうと正しく扱えば間違いなくA+であったが、回復にお厳しいSEGA様により下方評価せざるを得ない事態に。

f:id:fascination125:20170131072343p:plain

 代表スキルとは一体…

 

とは言え、誰が使っても一定の戦果を上げやすいキャストであるので、評価はB+。

ファイターをあまり乗らない方でも、数戦やればルーチンワークを非常に覚えやすいキャスト。後は「らいんふれあ」の描きかたの基本パターンなど↓

 

  • 兵士に当てるまでの「らいんふれあ」の線は敵キャストに向けて描くf:id:fascination125:20170131074122p:plain        ↑例えばこんな感じ

それと、持ち前の足を生かした振り子避けが出来れば、申し分無し子ちゃんかと。

 

f:id:fascination125:20170131081943p:plain A~C

総評:通称ゴッドモンキー。使いこなせれば強いの典型。事あるごとにビルドが変わっていくのは恐らくコイツくらい。

乗り手によって評価が変わってくるので、A~Cとした。

目下流行りの足盛りビルドかつ神通入りでツボにハマった場合、城凸・他レーン味方フォローに回れるなど、F随一の強さを誇る。

また、自陣手前拠点が割れても自レーンに沸く兵士の総数が変わらない(というか増える?)、と言ったシステムの変更点から、手前拠点が割れやすい大聖にとっては、環境が味方してると言える。

 

 

以上、その1として記載しまんた(`・ω・´)次回は残りFの5キャスト!

 

乙っぱい

 

 

 

ver1.63D

f:id:fascination125:20161125044436j:plain

 

f:id:fascination125:20161125044452j:plain

 

問題のVer1.63Dから一ヶ月は経った訳ですが

 

まーまさか、すげぇ速さで迫って来て、スキル当たったら即死っていう大味なゲームになるとは思いませんでしたよ、えぇ。

 

f:id:fascination125:20161125044838p:plain

f:id:fascination125:20161125044853p:plain

 

 

大体こいつ等のせい

 

 

とまぁ、、、触りの部分を書いておくスタイル。

 

(色々と書こうと思ったけど、決して飽きた訳じゃないんだからね!)

 

 

 

 

 

 

新Ver.1.63雑感 part1

あれよあれよと気づいたら二ヶ月近くブログを放置してしまいました…。

根気よく続けるにはやはり目標というか、自身の中で書き続けるための決め事とかを作った方が良さそうですね、比村さんの毎週月曜更新見たく。

んでんで、前回でヴァイスのこと書きたい云々吐かしてましたが、そんなことはver.upってことでお亡くなりになりました(-∧- )ごめんあそばせ! 

 

f:id:fascination125:20160815082621p:plain

f:id:fascination125:20160815082627j:plain

©SEGA

ってことで、先週の火曜(8/9)に来ました、Ver.1.63

待望の新アシスト・新キャスト追加とのことで、とりあえずここ一週間の間で130回程はプレイしてきました。自分で言うのもなんですが、そこそこやったんじゃないかと。

新アシストはざっとリストを見て、初見でこれ使うか?微妙なとこだなーとか思ってましたが、んなことは無かったです。やはり人の意見を聞いてみたり、自身で実際試してみるってのは偉大。新キャストは、まー毎度の壊れ調整で盛れるやろ!と意気込んでましたが、初日で13,000ページ燃えました。セガを信じた私が馬鹿でした。糞。

 

とまぁ以下分割して、バトルバランス調整、新キャスト「ナイトメア・キッド」、新アシストについててきとーな雑感をば

 

f:id:fascination125:20160815085547p:plain

ガラッと環境が変わるほどの調整ではないかなーと思いましたが、あくまでキャストの調整がそこまでであって、全体的な調整としては試合終盤の動きを強くさせた、かなりアゲアゲ調整で来たんじゃないかってのが、ここ一週間やってきて思った所感でした。

 

まー、まずLv8にさくっと上がるのにびっくりしましたし、Lv8時の攻城及び拠点攻撃力の高さ。ちょっとしたキルゲージ差だったら、Lv8時に城に1、2パンで余裕で捲れますし、Twitter等で吉備津の拠点割り動画が上がってたと思いますが、めちゃくちゃ早いです。もうアホかと。Lv6~8時の兵士ダメ軽減も相まって、試合終盤ではちょっとしたゲージ差であったなら、拠点を殴りに行ったり、城凸を視野にすることで自兵士に頼らずに逆転しやすくなったんじゃないかと思います。

ちな、アシストカードの修正に関しては、あんま気にならない程度の誤差レベルの調整であったかなと。

 

まずは、全体的なバトルバランス調整の雑感をと思ったので、この辺で〆ます。

次回はちゃんと書く!

端対面をヌク(ry part2

 

遂に来ました新キャスト、こいつがまた問題児ですが、どうやら2ヶ月に一回のペースでキャスト追加っぽいっすね。アナピーはよ…。

それでですが、新キャストヴァイスの立ち回りや小ネタ等をちょっと書きたいなーと思ってたので、次回にでも書きます。

 

とりま、残り二つをちゃちゃっと書いてきます。

 

4.敵対面に兵士か自キャストかを択らせる位置取りをし、兵士差を生ませる

基本的にですが、自身が兵士列の中に紛れ込むのは、SSやDSの打ち合いで大兵士を盾にする以外あまりよろしくないです。理由としては、相手の攻撃スキルやDSで自兵士全体+自キャストを一緒に狙われてしまうから。自身がフック・メロウ・ツクヨミ等使った時に、対面が脇から攻めて来て、敵兵士と敵キャストを同時に狙いづらく「めんどくせ」ってなりませんでしたか?

極端な話、相手側が自キャストしか狙わず、こちら側が対面キャスト+兵士を狙えれば、兵士差が付くことによって大体折れます。

まぁ一部キャストを除いてですが、兵士列の後ろに居るよりは、前や横に動いて戦う立ち回りのが勝てますよって話。

5.DSやスキル準備状態のフェイントをちらつかせる

相手のミスを誘う(相手にMPを吐かせたり、緊急回避をさせる、行動を制限させる等)上記のフェイントを全くやってない人は正直勿体無いです。ほぼほぼリスクは無くヤリ得なのでバンバン使っていきましょう。

 

短いですが、以上になります。(めんどくさくなったのは内緒(ゝω・)テヘペロ)ってか、文章書くって思った以上に難しいんすよねw まぁ、書いてくうちに慣れるとは思いますが…。

前回と今回で書いてきたことは初心者~中級者向け?って感じでしたがどうでしょう。なんか書いて欲しい話題などあればツイッターやっておりますので、@kurobe10までおなしゃす。